So-net無料ブログ作成
検索選択

誰が為にカロライナBBQ? [アメリカ食生活]

先日、我が家にてWakeの同級生で久しぶりに集まり、忘年会を開くことになりました。

移動手段が電車となる東京ではアメリカのようなポトラック(一人一品持ち寄りパーティーは難しいので、基本的には買出しで済ませましたが、うちはどうせならばということで、懐かしのカロライナBBQにチャレンジしてみることにしてみました。

アメリカ南部でのBBQというのは、日本でのBBQで連想する屋外での焼肉?のようなものではなく、その地域毎に根付いた固有の郷土料理のようなものです。ネットを検索していたら下記の動画がありましたんで、良ければ覗いてみてください。アメリカ南部各地のBBQが紹介されています(個人的にはかなりウケました)。



で、我らがノースカロライナのBBQはというと、じっくりローストして柔らかくした後にほぐした(pulledした)肩ロース肉にビネガーをベースにしたソースをひたす、というスタイルのものです。

レシピに関しては「NC BBQ Society」のものを参考にしましたが、スモークのチップを使用するなどのかなり重要かもしれないけど面倒な工程は省き、とにかく簡単に作りました。以下にざっと手順をご説明します(いったい誰にとって参考になるのか分かりませんが・・)。

①スーパーでチャーシュー用とかに売られている肩ロース肉の塊を買ってくる

②肩ロース肉塊に塩コショウをすりこんで、110度に設定したオーブンで6時間ほど焼く

IMGP0443.jpg
↑こんな感じ

③箸をさしてすっと入るほど柔らかくなったら、少し冷ました後に、箸やトング等を使って肉をほぐす(本場では中華包丁みたいなのを使ってpulledしてますが、箸だけでも充分ほぐれます)

IMGP0444.jpg
↑箸を使ってほぐした後

④肉にひたすソースを作ります

  りんご酢;0.5~1カップ(酢が好きな人は多め、あまりな人は少なめで)
  ケチャップ;小さじ10杯
  砂糖;小さじ一杯
  塩;少々
  黒こしょう;少々
  赤唐辛子;少々
 
 上記の材料を小鍋に入れ、弱火で暖めながら混ぜます

IMGP0446.jpg
 
⑤肉をソースに浸し、パンに挟んで食べる

以上のような感じです。さすがアメリカ、しかも南部の料理だけあって、時間(南部人は基本的にスローライフなので、ビールを飲みながらちんたら調理する)と光熱費(アメリカ人の辞書に省エネという字は無い)はやたらかかりますが、技術やコツの全く要らない料理です(笑)。誰が作っても、BBQをパンに挟んで食べた瞬間、頭の中にカントリーソングが流れ出し、頭上にカロライナブルーの空が広がるかのような120%ノースカロライナの味が出せると思います!

というわけで、忘年会にはかなりの自信作として出した一品でしたが、O村嬢の「私、カロライナBBQ食べたことないんですけど・・」という一言と、O山氏の「まあこんな味だった気がしますね・・」という無感動なつぶやきに、私のただでさえ小さい自尊心は完全に撃沈されました・・(泣)。

でもまあ、今回初めて作ってみて、久しぶりに食べたくなったなー、と思ったときに気軽に作れるくらい簡単な料理であることが分かりました。それだけが収穫です(笑)。
nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 3

yukiko

おいしそぉぉぉぉぉ~~~です☆
6時間もオーブンで焼くなんて・・・
全然気軽には作れません。
さすがです^^
今日は夫の友人が遊びに来たので、お好み焼きを作りました。
キャベツの変わりに大量にある白菜で。
意外にも白菜でかなりおいしかったです。
お試しくださいませ^^
もうすぐ霜降りサイコロステーキですね、笑
ってお正月に出てくるのでしょうか。。。。


by yukiko (2008-12-23 20:55) 

M

ほぐした感じは完全にカロライナBBQですね。こんだけ時間かけといて無感動なつっこみはへこみますわ、、、。是非次回の忘年会混ぜてくださいー!
by M (2008-12-31 13:55) 

ed hardy uk

さすがです^^
今日は夫の友人が遊びに来たので、お好み焼きを作りました。
by ed hardy uk (2011-01-22 16:42) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。